自分にとって快適な住環境やまた仕事を行っていけるワークスペースを確保する事は自分らしい人生を考える中で大変重要なことではないでしょうか。現在、インターネットが普及し、在宅で仕事を行う人が増えてきています。このようなオンライン全盛の時代の中では、プライベートな時間を充実させ楽しんでいきながら同時に自宅で仕事をこなしていくことができます。家でWEBやプログラミングの学習をする事が最近では当然となりつつありますが、今後もこのような自由度の高い働き方を選択できる時代の中でいかにして自分の人生を自分らしく楽しんでいくかも重要な問題となってきます。在宅ワークいわゆるSOHOは多くのメリットがある反面同時にデメリットもあり、個人主義的な方にはこのような働き方は向いているのですが、気晴らし等を含めて自分らしい環境をきちんと作っておかなければ仕事を楽しんでいく事は大変難しいものとなります。自宅でできる仕事環境を整えることで最適な人生の楽しみ方を自分で得る事が可能となるのです。以下は、自宅で仕事をされている方の体験談です。私も主人もお互い自営業歴10年ほどですが、その間ずっと大阪の住居兼貸倉庫ワークスペースとして使っています。最初はあまり深く考えず狭い家で生活も仕事もしていましたが、段々と私生活と仕事の境目がなくなってきて寝転がりながら仕事をしている状態の時まで出てきてしまい、気持ちにメリハリがつかないという事で引越しをしました。私、主人、それぞれの仕事部屋を持てる様、リビング、キッチン、寝室、プラス仕事用2部屋の広めの物件を選びました。結果、仕事と生活にメリハリがつけやすくなり、お互い基本的には平日の11時から21時までは仕事の時間と決めるようにしました。その他は仕事量によって適当にやりますが、ごはんだけは一緒に食べようと時間を区切る様にしてから効率良く仕事が出来るようになったと思います。自宅兼事務所とすると、一番ありがちなのが時間管理の曖昧さだと思います。私の場合は主人がいたので一人よりも管理しやすい環境ですが、自分である程度の基準を決めて守るように心がけないと、仕事をいつまでにやるなどの目標も立てにくくダラダラとしがちになると思います。もう一点多少不便を感じたのは打ち合わせなどの時です。どうしても事務所に来てもらわないといけないという事は自宅に招くのと一緒なので、基本的には居住空間にまで気を使っています。ただやはり自宅兼事務所だと通勤など無駄な時間もないし、ある程度自分の裁量で事を進められるので精神的な面でとても楽だと感じています。

クリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ100日“エステサロンを上手に利用する情報サイト”AGAでお悩み解決内職 アルバイト