賃貸でお部屋を借りた場合、退去するときに、元の状態に戻しておく必要があります。これを原状回復と言います。故意に部屋を汚した場合はもちろん、過失であっても部屋の汚損や破損があった場合は回復費用を払わなければなりません。

私は賃貸で部屋を2年ほど借りていました。毎日生活するので多少の汚れは仕方ありませんが、できるだけ綺麗に使うように心がけていました。

タバコを吸う場合は、壁紙がヤニで黄ばまないようにベランダで吸ったり換気を頻繁にする必要があります。ポスターも出来るだけ貼らないようにしていました。特に画鋲の使用は避けるべきでしょう。小さい穴があいてしまうので、回復費用を請求される可能性があります。カーテンは何かに引っかかって破けてしまうことがあるので、意外と注意が必要です。万が一、汚損や破損が発生した場合は無理に修繕しようとせず、正直に家主の方に申し出るのが最善だと思います。

結果的に私は大阪で借りていたお部屋を原状回復費を払わずに済みました。余計な出費にならないよう気をつけましょう。