今後は貸倉庫の活用にもある程度柔軟性を持たせコスパ向上を

趣味品を含め自宅倉庫に保管すべき荷物が大変多く、現在は自宅だけでなく近郊にあるトランクルームも活用している私ですが、最近になって荷物を1箱ごとに預けられる方式の保管サービスも登場しており、注目しています。
屋内であれ屋外であれトランクルームを丸々1つ借りてしまうと、荷物の内容量によらず一定の賃料を支払わなければなりません。つまりレジャー用具の多い私の場合、季節によって荷物の数が少なくなったり多くなったりしますから、当然荷物の少ない季節は倉庫としてのコストパフォーマンスが大きく下がってしまうのです。
その点上記の保管サービスなら箱単位ですから、同じジャンルの荷物で1箱を構成してしまえば、利用するシーズンに箱ごと手元に戻し、その間はコストも一切掛からず便利なのです。
とは言え安定性や安全性、定期的な管理のし易さという面ではトランクルームには敵わないというのも確か。今後はこれらを適宜上手く使い分け、快適な保管を実現したいと思っているところです。