不動産経営の1つの方法として、サブリースというものがあります。これは一言でいえば、不動産管理の外部委託で、物件をすべて不動産管理会社の管轄下に置くものです。このため、他に仕事をしながらの不動産経営がとても楽になります。さらにこの方法を採ると、空室や家賃滞納などのリスクがなくなり、安定した家賃収入を得られます。また入居者のトラブルも不動産会者に一任できますし、管理業務もすべて不動産会社がやってくれます。その反面、入居者をこちらで選べないとか、礼金は敷金は不動産会社に入ってしまう、あるいは経年と共に家賃を下げざるを得なくなるなどのデメリットもあります。その他に、サブリースを請け負っている不動産会社が倒産するというリスクもないとは限りません。また家賃保証や原状回復の費用などについては、トラブルが起きやすいこともありますので、サブリースをしたいと考えている場合は、ただ外部委託だからと飛びついてしまわずに、メリットとデメリットをよく考えたうえで決めるようにしましょう。