台風で飛んでいった倉庫

10月の台風で、大阪で借りていた貸倉庫が隣の家のフェンスを突き破り3メートルほど飛んで行った。2畳ほどの大きさで、中には自転車とか重い物が入っていたのに風の力って凄いですね。原因は扉が壊れていて、恐らく風で扉が少し開いて一気に持って行かれてしまったんだと思います。扉は引戸タイプでボタンでロックする物なのですが、5年まえからロックが効かずに扉が固定できない状態でした。倉庫はブロックの上に載せてあっただけで固定はされていなかったのも原因の一つだと考えられます。やっぱり、ちゃんと直しておけば良かったと後悔してしまいます。保険でお金の面では、どうにかなりそうですがお隣さんに謝りに行ったり、業者や保険屋さんと話したりと面倒ごとが多くなり疲れちゃいますね。今回の台風では、被害を受けた家庭が大変多かったようで修理にも保険が下りるのも当分先みたいです。当面は倉庫の中の物を家の中に入れて我慢する日々が続いてしまします。